優先席の若者の態度について 

目安箱

優先席に座る若者に対してのご意見

初めまして! ここは「目安箱」のコーナーです。ここでは、江戸時代中期に吉宗公によって設置された「目安箱」(庶民が自由に投稿できる箱を用意して、参考意見や社会事情の収集をするもの)を元に、シニアの方から発せられたご意見を載せていきます。では、今回載せられた意見を見ていきましょう!






1 今回のご意見

今回ご意見頂いた内容はこのような感じです。

お年寄りが目の前におられるのにも関わらず、優先席を独占している若者の気持ちが考えられない。(80代 女性)


とてもよく聞く内容であり、たまに見る光景でもありますよね。もちろん、全ての若者がそのような人ではありません。しかし、ある一定の若者は行っている行為であります。



2 改善策

ここで我々なりの改善策を紹介します。

若者がここに座るということは、安易に若者も座れる環境にあるからだと思う。これを是正するためには、韓国で見た方法を使った方がいいと思うんだ。

これは、妊婦さん限定の席なんだけど、この人形を置くことにより、座るときに一つ段階を踏むことになるよね。言うなれば「ぬいぐるみをどける」という一つ面倒なことがある。このような行為を入れれば少しは変わるんではないかな。

僕は、優先席でのスマートフォン使用を厳罰化すれば良いと思う。自分のスマホに夢中で周りが見えていない若者が多いんですよ。だから優先席付近でのスマートフォン使用に対して罰金を設けるなどすれば、自然と若者はスマホが使えないから優先席には近づかなし、座っていても周りが見えるからお年寄りがいたら気づいて譲ることができると思うよ。

最近は、痴漢防止のために車内防犯カメラの設置を進めているし、それを活用すれば難しくはない話だと思うね

以上が今回の我々なりの改善策でした。
このような不満や問題点がありましたら、ぜひ こちらにご連絡ください!

スマシルの新着記事をお届け!