コンビニなどで見かける微信や支付宝ってなに?

おすすめ情報

最近よく見かける微信や支付宝について知っています?

最近、微信や支付宝での決済が可能なコンビニやレストラン、ドラッグストアなどが増えてきていて、みなさんも目にする機会が増えてきたのではないでしょうか?実はこれ日本への中国人観光客の増加に伴って、現在導入する店舗が増加してきているのです。


微信や支付宝って?

微信や支付宝, 電子決済

微信支付(Wechat pay)や支付宝(Alipay)は日本でいう電子決済サービスをさします。日本では普及率は依然として低いものの、「Apple pay」, 「楽天ペイ」や「LINE pay」が有名ですよね。電子決済サービスとは、電子データのやりとりによってお金の決済をすることですよね。つまり、現金を使わずに物品を購入することができるということです。Suica(スイカ), Pasmo(パスモ)のようなものを想像してもらえれば簡単に想像がつくでしょう。特に微信支付(Wechat pay)や支付宝(Alipay)はモバイル端末を使って決済をするため、スマートフォン一つで商品を購入できてしまいます。こんなに楽なことってないですよね!!

微信支付(Wechat pay)

微信支付, WeChat pay
日本で言うLINEの中国版であるWechatが提供している電子決済サービス:微信支付(Wechat pay)。中国では、都市部ではほとんどの人が使用しています。しかし、外国人はほとんど使うことができないんです。それは中国に銀行口座を保有していないと、Wechat payに送金することができないからです。現在、外国人でも使えるように整備を進めているらしいですが…期待したいです。


微信支付(Wechat pay)は基本的に上の写真のようにQRコードを読み取り、相手に送る金額を入力して送金するという形になっています。自分で金額を入力するというところが画期的で面白いですよね!


支付宝(Alipay)とは?

支付宝, Alipay

支付宝(Alipay)はかの有名なJack Maが設立したAlibaba集団が提供する(子会社:Ant Financial)モバイル決済サービスです。中国にあるモバイル決済サービスの中では、一番の古株ではないかと思われ、その使用者もものすごい数です。そして、基本的には外国人はWechat pay同様、入金することができないのですが、わずかに少しだけ使用できる方法があります。知りたい方はこちら!!

支付宝, Alipay, 使い方

基本的には微信支付(Wechat pay)と同じ使い方です。コンビニなどでは、自分のバーコードを読み取って、お金を支払うという方法もあるそうです(これは微信支付でも同じですが…)。

中国の現状

<出典:http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001-1.pdf>
(2015年度の統計のため、現在の中国の比率はさらに増加していると思われる)

中国では、現在この微信支付(Wechat pay)や支付宝(Alipay)が発達していて、都市部ではキャッシュレス(現物貨幣を持たない)が急速に進んでいます。人々の中には、お金を一銭も持ち歩かないという人もいるくらいです。その背景には、偽札や偽硬貨が蔓延していたいうことがあります。その背景もあって、キャッシュレス社会が発展しているのです。どんなに小さな商店であっても、必ずどちらかは使用することができます。そして、驚くことが微信支付(Wechat pay)や支付宝(Alipay)を高齢者も使いこなしているところ…!!! 社会全体で、このキャッシュレスが急速に広がっているのです。


スマシルの新着記事をお届け!