5Gとは何?をどのサイトよりもわかりやすく説明!実用化は?特徴は?

おすすめ情報

5Gとは何?をどのサイトよりもわかりやすく説明!実用化は?特徴は?

最近、5Gという言葉を頻繁に聞くようになりましたよね。東京オリンピックに向けて、様々な最新技術の実用化が急ピッチで進められています。5Gという言葉をよく聞くけどなんのことかよくわからないという方も多いでしょう。そこで2回に分けて本日は難しい話は後にしてわかりやすく説明して行きます!







5Gは何を示しているの?

5GのGは” generation“の頭文字Gから来ていて、日本語では「世代」を表します。ということで、5Gは
第5世代移動通信システムの略称なんですね。これまで1G〜4Gまでの開発が行われて来ていて、現在多く使われているのは4Gですよね。しかし、近年移動通信(つまり、現在ではスマートフォンのことと思ってok)の通信量が急激に上昇していて、2020年代の情報社会では2010年に比較して、1000倍以上に拡大すると言われています。ということは、現在の4Gでは満足のいく通信環境を整えることができないんですよ…!!そこでこの5Gという新たな通信システムが開発されています。

2010年の頃といえば、スマートフォンなどもまだまだ初期の頃ですよ!あの頃といまを比較してみればネット社会の発展度合いは一目瞭然ですよね。それだけこの10年間で社会が大きく変革してきているということです。

5Gの持つ最大の特徴

5Gの持つ最大の特徴として3つ挙げられます。それは超高速通信、低遅延通信、多数端末の接続の可能化です。それではそれぞれについてわかりやすく説明して行きます!

この3つが次世代移動通信システムの骨格となりますよ!!



(1)超高速通信


正確には超高速モバイル通信(Enhanced Mobile Broadband: eMBB)と言います。5Gの数値目標には、「下り20Gbps, 上り10Gbps」という通信速度が求められています。とは言ってもなんじゃこれ!という方も多いと思うので、詳しく解説しましょう!現在みなさんが使っている4G LTEの最大通信速度はおよそ1Gpsであるので、いかに5Gが高速通信であるかわかると思います。みなさんが感じる通信スピードはおよそ100倍になると言われています..(笑)。(Gpsについて詳しくはこちら)まだそのスピード感がわからないという方!10Gpsは1秒間に約1.25Gバイトの通信量になります。つまりは、月間3Gの通信プランに加入されている方は1.5秒で通信制限がかかってしまうことになります。将来的には、現在のようなデータプランは大きく変更することになるでしょう!


(2)低遅延通信

正しくは超高信頼の低遅延通信8Ultra-reliable and low latency communication: URLLC)と言います。ここでは、データ通信の最大遅延時間0.5ミリ秒が求められています。通信の遅延とは、転送要求(つまり、サイトを開いたり、ゲームをネット上で始める)をしてから、データが送られてくる(サイトを見れる、ゲームを始められる)までに生じる、通信時間の遅延をさします。理想的には全てのものが一瞬で通信可能であれば一番良いのですが、現在のネットワークですとダウンロードに時間がかかったりしますよね。それを5Gが解決してくれるわけです。


関連する記事を読む
1.スマートフォンの仕組みをわかりやすく解説しちゃいます!
2.スマートフォンのOS、しっかり理解できていますか
3.コンビニなどで見かける微信や支付宝って??


低遅延通信は何に役立つのか

この技術は自動運転に大きな期待が寄せられています。現状ですと、0.05秒の通信遅延が生じる4Gでは、自動運転で100km/hで走行中の車が異常を検知してから、実際に停止動作に入るまで1.4mも進んでしまうそうです。しかしこれが5Gの通信システムですと、2.8cm程度にまで縮めることができるようになるのです。これは衝突事故などのリスクを格段に減らすことのできる画期的な技術進歩ですよね!さらにはロボットの遠隔操作や医療ロボット、ドローンの自動操縦など最近発達して来た技術には低遅延通信が不可欠なものとなっています。

前半の今回はこのあたりでおしまいです。次回は多数端末の接続可能についてや実用化のめどなどについてご紹介して行きます!

次回(5Gってなに?を分かりやすく解説!何に役立つ?実用化は?)はこちらから!


スマシルの新着記事をお届け!