3人に1人のアメリカ人の大人/高齢者が孤独!!??? その解決方法とは?

おすすめ情報

3人に1人のアメリカ人の大人が孤独〜解決方法とは〜

社会問題

現代社会では、高齢者の孤独が大きな社会問題となっていますよね。特に日本では高齢化が進み、高齢者の孤独死などその問題が顕在化しつつあります。当サイトもそんな問題を解決しようと立ち上がったんです。その問題は、日本だけではなかったようです。TIME誌(9/24)に、アメリカ人の大人のうち3人に一人の割合で、孤独を抱えている方がいるとの記事がありました。本日はその記事を翻訳してお届けします。







大人の孤独の割合が高い…!?

アメリカで孤独を抱える人は増加しています。今年のはじめに発表された研究で、18歳から22歳までの人々はどの他の世代の人よりも孤独になりがちであると発表されました。しかし、大人にも同じように孤独の方々がたくさんいるということが新しい統計データが示しているのです。
AARP財団による新しいデータによると、45以上の大人の三分の一以上が孤独であるようです。2010年版の調査からその割合(35%)は変わっていないものの、45歳以上の人口は実質的にこの8年間で上昇しています。そしてその35%とは実質的には五百万人が増加し、合計で4800万人ほどが現在孤独であると考えられています

独自の視点
アメリカの人口は約3億人ほどでありますから,4800万人というのはおよそ6人に1人が孤独であるということなんですね。陽気で活発、社交的に思われるアメリカ人でさえ孤独の割合がこんなにも高かったとは…!!

孤独を味わっている方々の特徴とは…

新しい研究では、社会的繋がりや孤独度を図ることを目的とした20の調査項目を持つUCLAの孤独度測定に基づいた質問に3000人以上の大人が回答しました。さらに、健康やライフスタイル、経済状況、社会的ネットワークなどにも答えました。

調査の結果、身体的に孤独であったり、小さな社会ネットワークしか持たない人々は孤独である傾向があるということがわかりました。その一方で、頻繁に友達や近所の人、親戚と連絡をとったりしていたり、コミュニティーや宗教団体に参加していたり、結婚をしている人など大きくそして多様な社会グループを持つと答えた人は孤独である傾向が低いということがわかったのです。
そして孤独度が低いと精神状態や体の具合が良かったのです。驚くべきことではありませんが、その理由は孤独や社会的な孤立が薬物使用や精神問題をはじめとした健康問題に関係しているからなのです。高いレベルの教育を受け、年収も高い大人は、その2要素が継続的に良好な健康状態を維持し、孤独にもなりにくいということが調査でわかったのです。

独自の視点
孤独はその人の持つコミュニティーの少なさが原因であるようですね。孤独は健康状態にも大きな影響を与えてしまう一種の病気かもしれません…

意外な年代が孤独に苦しむ…!?

過去の研究と一致している点は、孤独度は年を取るにつれて減少して行く点です。45歳から49歳までの46%の大人が、孤独に分類されたのに対して、70歳以上ではたった24%しか孤独に分類されませんでした。この傾向は中年時代に起こりやすい「幸福にはまってしまう」ことをよく反映しています。そのために中年時代の数年後には生活の質がより良くなっているのです。もしくは孤独が健康問題の数と関連があるので、重度の孤独と答えた人々は70代になるまでになくなってしまう傾向にあるのかもしれません。


関連する記事を読む
1.鉄分足りていませんか?普段の食事で簡単に摂取する方法とは!?
2.座禅であなたの生活が劇的に進化する!?
3.日光って実は健康に必要不可欠!?日光と健康には非常に重要な関係が!
4.日光の浴びすぎにも注意!麻薬と同じような中毒性が日光にあるらしい…




調査から学べる解決法は…?

今回の調査は、意味のある関係を維持することが重要であると指摘しています。そして、それが社会的な関係であればあるほど、より良いものであると示しています。孤独と認識された人々は個人的な重要問題を話すことのできる相手や助けを乞うことのできる人がほとんどいない傾向にあるといいます。そして、個人的に人々を分析することには何か特別なものがあるように思えます。というのも、大人がソーシャルメディアを使う頻度は2010年と2018年で実質的に増加しているにも関わらず、その傾向は孤独の割合を少しも減らすことができていないように思われるのです。事実、ソーシャルメディア上で知人と頻繁にやり取りをすることは控えめに言っても、人々が孤独になってしまう傾向を増大させているのです。

もちろん、好きな人と連絡を取ることは、強靭なネットワークを駆使している人にとってはより簡単なことです。しかし、今回の発見でわかったことは、他人に手を差し伸ばすことはまねる価値のある健康的な習慣なのです。

独自の視点
最後の文章は比喩的でわかりにくいですよね…。結局この記事で伝えたいことは、孤独にならないために自分から積極的に人とのコミュニケーションの場を設けることが大切!ということなんです。



スマシルの新着記事をお届け!